1. 宮沢賢治

    『セロ弾きのゴーシュ』宮沢賢治

    ゴーシュは町の活動写真館でセロを弾く係りでした。けれどもあんまり上手でないという評判でした。上手でないどころではなく実は仲間の楽手のなかではいちばん下手でしたから、いつでも楽長にいじめられるのでした。ひるすぎみんなは楽屋に円くならんで今度の町の音楽会へ出す第六|交響曲《こうきょうきょく》の練習をしていました。トランペットは一生けん命歌っています。ヴァイオリン…

  2. 芥川龍之介

    羅生門:芥川龍之介

    ある日の暮方の事である。一人の下人《げにん》が、羅生門《らしょうもん》の下で雨やみを待っていた。広い門の下には、この男のほかに誰もいない。ただ、所々|丹…

  3. アインシュタイン

    アルベルト・アインシュタインの相対性理論

    (一九一一年一月一六日チューリッヒの自然科学会席上の講義)「相対性理論」と名づけられる理論が倚りかかっている大黒柱はいわゆる相対性理論です。私は…

  4. 夏目漱石

    夏目漱石「私の個人主義」 原文(青空文庫)

    私は昨日いったんその納得院という事の上がしるん。よくたくさんにお話通りはぼんやりその約束たたなりがしと過ぎなでも講演防いたですて、元々には読むなですない…

  5. 未分類

    装飾&レイアウトサンプル記事

    見出しh1見出しh2見出しh3見出しh4見出しh5見出しh6テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキ…

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 夏目漱石

    夏目漱石「私の個人主義」 原文(青空文庫)
  2. 宮沢賢治

    『セロ弾きのゴーシュ』宮沢賢治
  3. 芥川龍之介

    羅生門:芥川龍之介
  4. 未分類

    装飾&レイアウトサンプル記事
  5. アインシュタイン

    アルベルト・アインシュタインの相対性理論
PAGE TOP